食育

 

平成24年度より園内に給食室が完成し、自園給食がはじまりました。
これを機に、食育の取り組みが広がっています。

このページでは、食育に関する取り組みをご紹介します。徐々に充実していきますのでご期待ください。

おいしい!自園給食

園内の給食室で調理した、できたてのごはんをお出ししています。日々の献立は、専任の栄養士が栄養バランスに配慮して作っています。

自園給食は何杯もおかわりする子が多く、中には幼稚園で食べられたおかげでピーマンが好きになった、というお子様も。
ご家庭でも作れる人気メニューはブログでも紹介しています。

自園給食の配膳

また、時折栄養士さんが給食で用いた食べ物の話をしてくれるので、子どもたちの食べ物に対する理解も深まっていきます。

また、別頁に食材の原産地情報も毎月公開していますので、原産地が気になる方も安心です。

お母さんも試食会に参加できます

※平成26年度は、自園給食は週3~4回で、それ以外の日は、お弁当(週1回)、東部給食センターの給食(月2回)となっております。
東部給食センターの原産地情報は下記をご覧ください。

http://www.tqc.or.jp/ 

園内のプランター栽培

園内ではプランター栽培を行なっています。栽培しているのはきゅうり、トマト、なすといった野菜ですので、育てて大きくなったら給食でお出しします。

プランターの水やりは各クラスのお当番さんが行なっています。子どもたちも実がなって、色がついてきて、といった日々の変化をとても楽しみにしています。

できあがったら給食で”ご対面”。みんなが大切に育てた野菜の味は格別です。

やってみよう!料理体験

栽培した野菜のほか、子どもたちが料理を体験する機会も数多く用意されています。時には栄養士さんや先生の補助付きで、小さなナイフを使って自分で野菜を料理します。

料理の際、子どもたちには「かぼちゃってこんなかたちをしていたんだ~」と、見たことのなかった生の野菜に出会う感動も生まれています。